ご挨拶

澤眼科医院、院長の澤雄大と申します。
先代院長である父、澤孝一が昭和54年に開院して以来約35年、総持寺駅前でかかりつけ眼科として地域の皆様の眼を守って参りました。
そして昨年医院を私達夫婦で継承し、以前にもまして皆様のお役にたてるようH28年6月からは日帰り手術も開始いたしました。
今まで培ってきた技術で白内障手術を始め眼瞼下垂、逆まつ毛、まぶたの腫瘤等様々な疾患の加療を患者様一人一人の立場に立って行っていく所存です。
もちろん入院治療が必要な方も多くおられます。
長年当院と地域連携をしていただいている大阪医科大学附属病院、高槻赤十字病院、北摂総合病院、高槻病院等の総合病院、
また近隣の開業医の先生方との関係を大切にして皆様に更に良い医療を提供できるよう微力ながら全力を尽くす所存ですのでよろしくお願いいたします。
少しでも眼に関してお困りのことがあれば是非一度お立ち寄りいただき御相談ください。

院長 澤 雄大

 

経歴
1980年 大阪生まれ
1999年 奈良県私立東大寺学園卒業
2007年 大阪市立大学医学部卒業
臨床研修開始
2009年 大阪市立大学 視覚病態学教室 入局
大阪市立大学 医学部附属病院 勤務
2012年 泉大津市立病院 勤務
2013年 大阪市立大学 医学部附属病院 勤務
2014年 石切生喜病院 勤務
2016年 澤眼科医院 勤務
資格

眼科学会認定眼科専門医
PDT認定医
ボトックス治療認定医
難病指定医
視覚障害者用補装具適合判定医師
オルソケラトロジー認定医

澤眼科医院 医院長

 

スタッフ紹介

いつでも笑顔をモットーに、患者様の気持ちに寄り添った対応を心がけております。
何かありましたらいつでもご相談ください。

 

当院の特徴

1.わかりやすく丁寧な説明

患者様の声に耳を傾け、細かく丁寧な説明を心がけています。
少し情報量が多いと思われるときもあるかもしれませんが、患者さんの理解度に合わせて、ご本人さまの写真、模型、例え話を用いながら丁寧にお伝えするようにしております。
併せて病気が進行すればどうなるのか、検査や治療を先送りすることによりどのような結末が待っているのかなどについてもお話しするようにしています。

わかりやすく丁寧な説明

 

2.日帰り手術

当院は多焦点眼内レンズを含めた「日帰り白内障手術」、網膜前膜・黄斑円孔・硝子体出血に対する「日帰り硝子体手術」、眼瞼下垂・逆まつげ・顔面神経麻痺後の眉毛下垂・できもの切除等の「まぶた手術」糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞・網膜裂孔のレーザー治療を行っております。
まぶた手術は一般的な挙筋短縮術や上眼瞼形成術、眉毛下皮膚切除に加えて、重度の眼瞼下垂や悪性のできものなど難症例については眼形成外科領域を中心に全国で数多くの手術を執刀されている三戸秀哲先生に来ていただき、人工硬膜を使用した眼瞼の吊り上げ手術や悪性腫瘍切除術および眼瞼再建手術にも対応できるようになっております。(美容外科ではありませんので、視覚的に障害のある方のみの治療となります。)
もちろん全身検査や入院での手術が必要な方は大阪医科大学をはじめとした近隣の総合病院にご紹介させていただくこともできます。最近かすんで見にくい、眼が開けにくい、まぶたが落ちてきた、逆まつげや眼瞼のできものが気になるなど何かお困りなことがある方は是非一度当院にお越しください。

日帰り手術
3.院内設備

検査室については、角膜形状解析を正確に行える新しい前眼部OCTや眼底が透見不能でもある程度眼内を観察できるように超音波Bモードを新しく導入。
また視力検査なども2列から3列になりお待たせすることも少なくなりました。
硝子体注射やものもらいや眼瞼のできものなど、簡易的な手術にも対応できる処置室を1階に設けましたので、目に不安を感じた際は安心してご来院ください。
涙嚢洗浄をはじめとし、各種注射、ものもらいの穿刺や切開、また逆まつげの睫毛電気分解など簡易的手術にも対応できる処置室を1階に設けております。

院内設備

 

4.感染予防対策

当院では、吸排気に感染症対策用のフィルターを設置しております。
患者さんが多いときはどうしても難しいこともありますが、待合室でのソーシャルディスタンスの確保もできる限り行い、マスク着用、手指消毒、受付のクリアパーティションの設置など、考えられる感染症対策はすべて取り入れています。

感染予防対策

 

院内紹介

外観

玄関

受付

待合室

待合室②

洗面室

診察室

診察室②

手術室

院内ギャラリー

 

設備紹介

HAAG-STREIT社製 細隙灯顕微鏡BQ900

すべての基本になる機械で眼の中を観察し病気の診断をするために使用します。

Canon-lcs社製 Elclave Full Auto

高圧蒸気滅菌機で器具を清潔に保つ為に滅菌を行う装置です。

レンズメーター

 

KONAN medical社製 NONCON ROBO PACHY

角膜の内側にある角膜内皮細胞の形や数を調べるための機械です。

TOMEY社製 光学式眼軸長測定装置・超音波A mode

角膜の形や眼の長さを測定することができ、それを元に白内障手術時に挿入する眼内レンズを決定することができます。

TOPCON社製 Noncontact Tomometer CT90A

非接触型の眼圧測定器です。

TOPCON社製 オートケラトレフラクトメーター KP-8100P

眼の屈折度数を調べる機械です。視力検査やメガネ処方箋の作成の際に用います。

HANDAYA製 中心フリッカー測定器

ちらつきの見え方で主に視神経の疾患の程度を評価する検査です。

Humphrey Field Analyzer 830i

緑内障などの精査に用いる中心30°の範囲の自動視野計です。

ゴールドマン視野計

緑内障、脳内疾患での視野測定に用います。全体の視野の広さを測定できます。

5m視力表

5mの距離で視力を測定します。調節をすぐしてしまう子供の視力検査にとても有用です。

1m視力表

1mの距離で遠方視力を測定できる機械です。

手術顕微鏡

手術の際に眼内を拡大して観察することができます。

Alcon社製 白内障手術装置Centurion Vision System

Alcon社が開発した白内障手術装置で世界最上位にあたる機種です。優れた性能を持ち手術の際に大いに力になってくれます。

Alcon社製 硝子体手術装置 コンステレーションRビジョンシステム

当院ではアルコン社製の極小切開用の硝子体カッターを備えたコンステレーションを導入しました。
眼内圧を圧センサーで認識して自動でコントロールし、眼底を広い視野で観察できる広角観察システムBIOMと併用することでより安全に、より効率的に、そして低侵襲に硝子体手術を行うことができるようになりました。

NIDEK社製 マルチカラーパターンスキャンレーザー装置 MC-500Vixi

NIDEK社製の最新のマルチカラーレーザーです。
今までのレーザーは施術の際には比較的痛みを伴うものでした。中には痛みの為に通院を自己中断し、その為に病気が進行してしまい再診時には手の施しようのない方もいました。
当院のレーザー照射時間をかなり短縮することで痛みをかなり軽減できる最先端のレーザーです。糖尿病網膜症や静脈閉塞症、網膜裂孔など様々な疾患に役立つレーザーです。

NIDEK社製 YAGレーザー手術装置 YC-1800

NIDEK社製のYAGレーザーです。後発白内障やレーザー虹彩切開術に使用します。

TOMEY CORPORATION社製 前眼部OCT CASIA2

国内唯一の前眼部専用のSS-OCで眼球に直接触れることなく角膜から水晶体までを1枚の画像に写すことができます。
円錐角膜やオルソケラトロジーなど角膜診療だけでなく、前房深度や水晶体形状解析が可能ですので白内障手術のプランニング、眼内レンズの偏心・傾斜などの術後評価も可能です。
更に隅角を一度に全周解析することができ、緑内障診療にも力を発揮します。

NIDEK社製 眼底カメラ付き光干渉断層計 Retina Scan DuoTM

NIDEK社製のSD-OCTで、網膜の断層写真だけでなく眼底写真も同時に撮影が可能です。
黄斑疾患や糖尿病網膜症などの網膜疾患や緑内障の診療には大きな戦力となります。

 

お気軽にお問い合わせください。072-622-1132受付時間 9:30-18:00
[ 土曜午後・木曜・日祝除く ]