メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

白内障手術

白内障手術

眼は高性能なカメラです。角膜(黒目)及び水晶体という2枚のレンズを通して眼の奥にある網膜というフィルムに映像を移すことで私達は物を見ています。

白内障とは水晶体という眼内のレンズが濁り、ぼやけた映像が網膜に届くため、霞(かすみ)、眩しさ、2重3重に物が見えたりといった様々な症状を呈する病気です。

原因は打撲、炎症、アトピーのある方等様々ですが、基本的には加齢とともに生じてきます。人間は年をとれば徐々にしわが出てくるのと同じで白内障も徐々に進行してきます。

点眼治療をされる方もいらっしゃいますが基本的には進行の予防であって白内障を治すことはできませんので白内障が原因で視力低下が生じれば治療は手術しかありません。手術の方法は物理的に濁った水晶体を取り出して代わりに透明なレンズを入れる手術です。

以下に手術の流れを説明します。

@手術当日は手術予定時間の1時間半前に来ていただき体調に問題がないか確認します。普段着で構わないですがゆったりとした服装が好ましいです。

A散瞳(瞳を開く)目薬をして手術の準備をします。準備ができたら上から手術着を羽織っていただき手術室へ案内します。

B目薬で麻酔をしたのちに眼の周囲の皮膚を消毒します。

C清潔な布で眼を覆い機械で眼を開けるお手伝いをします。これで手術中も瞬きをしても問題ありません。

D白目と黒目の境界部分を2-3mm切開します。

E水晶体の入っている袋(水晶体嚢)の前面を丸く切開して水晶体そのものを露出します。

F機械で濁った水晶体をすべて砕きながら吸い取ってしまいます。そうすると袋(水晶体嚢)のみが残ります。

G残った袋(水晶体嚢)へあらかじめ決めておいた人工の眼内レンズを挿入します。

H傷口が閉じていることを確認し、眼帯をして手術を終了します。症例にもよりますが開始から終了まで丁寧に行って10-15分程度で痛みはほとんどありません。

I術後はしばらく休憩して問題なければ帰宅していただけます。翌日の診察まで眼帯は外せませんのでご注意ください。

もちろん入院治療が必要な方も多くおられます。長年当院と地域連携をしていただいている大阪医科大学附属病院、高槻赤十字病院、北摂総合病院、高槻病院等の総合病院、また近隣の開業医の先生方との関係を大切にして皆様に更に良い医療を提供できるよう微力ながら全力を尽くす所存ですのでよろしくお願いいたします。

白内障手術

澤眼科医院の白内障手術について

当医院の白内障手術についての詳細な資料をPDFでご確認ください。⇒PDF(20ページ)へ



合併症

現在の白内障手術は術式としてほぼ完成しており滅多なことはほとんどありませんが100%の手術は存在しません。中には失明するような致命的な合併症もわずかですが存在しますので以下におこりうる合併症について説明します。

@白目が赤い・・・
わずかですが切開をしますので出血で白目が赤くなることがあります。1-2週間の経過観察で自然に吸収しますが血液をさらさらにする薬を内服されている方は数週間かかることもあります。

Aゴロゴロする・・・
わずかですが切開をしますのでその部分が擦れて違和感がでることがありますが傷の治りに伴って消えていきます。

B眼圧上昇・・・
術後は眼内の状況が変動しますので眼圧も高くなることがあります。高すぎる場合は眼圧を下げる点眼や内服を処方することがあります。

C角膜浮腫・・・
手術は角膜の直下で行いますので術後角膜に炎症が起こります。人によっては炎症が強めにでて角膜がむくんで一時的に視力が低下することがありますが炎症を抑える点眼及び内服することで徐々に改善していきます。

Dチン小帯断裂・・・
水晶体の入っている袋である水晶体嚢は眼の中にチン小帯という紐(ひも)で眼の中にぶら下がっています。チン小帯も人間の組織ですので人によっては弱っていることがあります。程度によっては水晶体嚢に眼内レンズを挿入することが危険な場合がありますのでその際は後日眼内レンズを眼の中に縫いつける(縫着)手術が追加で必要になることがあります。生まれつき組織が弱い方、外傷歴のある方、白内障が極端に進行している方にみられることが多いですが何もない方にもみられます。

E後嚢破損・・・
水晶体を機械で吸い取る際に水晶体を吸引することで水晶体嚢が破れることがあります。その際は後ろにある硝子体(水晶体の後方にあるゲル状の組織)を追加処理することがあります。眼内レンズは水晶体嚢の状態によって挿入もしくはDと同様に縫着します。

F水晶体落下・・・
DやEの際に水晶体の一部が術中眼底に落下することがあります。少量であれば経過観察で吸収しますが大きな場合は硝子体手術を追加して落下した水晶体を除去する必要があります。

G感染・・・
術後傷口からバイ菌が眼内に侵入し感染をおこすことがあります。急激にかすみが生じ視力低下、充血、眼痛が起こります。放置することで感染が広がり失明につながることがありますので一刻も早く再手術して眼を抗生剤で洗う必要があります。頻度は3000分の1程度とごく稀ですが術後急激な変化があった場合は必ずご連絡ください。

H駆逐性出血・・・
手術中に眼圧が変動することで眼の奥の動脈が切れて眼内に多量に出血することがあります。放置すると眼内の組織が出血に押されて眼外へでてきてしまう為、傷口を縫合して手術は中止となります。後日出血に対して追加手術を行うこともありますが網膜が傷んでしまうので失明もしくは大幅に視力が低下する可能性がある危険な合併症です。機械が進歩しているため以前に比べて10000分の1程度と頻度は低下していますが術中にいきんだり、せき込んだりと眼内圧の急激な変化はリスクとなりますのでリラックスして手術を受けましょう。

I水泡性角膜症・・・
術後には角膜の内皮細胞(眼を透明に維持する作用がある角膜の細胞)が一定量減少します。内皮細胞は再生しないため、術前から内皮細胞が少ない人の場合は角膜を透明に維持できなくなり角膜が白く濁ってきます。これを水泡性角膜症といい角膜移植が必要となります。ごくまれですが術前に内皮細胞の状態を確認しますのでリスクの高い方にはあらかじめお伝えします。 

J屈折異常・・・
術後は眼が若返るわけではありませんので老眼は治りません。また加齢に伴って元々乱視が生じている方も多い為、見え方によっては遠方用、近方用、もしくはその両方の眼鏡による矯正が必要となります。

Kレンズ度数の誤差・・・
強度の近視、遠視の方に多いのですが術前に決めたピントの位置と術後の実際のピントの位置に大幅なズレが生じることがあります。その際は挿入したレンズを入れ替えることがあります。

L黄斑浮腫・・・
術後に眼の奥にむくみ(浮腫)が生じることがあります。予防的に術後点眼を行いますが、むくみが生じてしまった場合はステロイド注射で加療することもあります。

注意事項

@手術をすればそれでいいというものではありません。術後しばらくは点眼が必要ですので無駄な合併症を防ぐためにも医師の指示に従ってください。

A術後1週間程度は洗顔・洗髪は控えていただき、ほこりやバイ菌が入らないように保護眼鏡をしていただきます。

B車の運転は見えれば3日後位からでもしていただいて結構です。


ページの終了