メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始
茨木市の澤眼科

挨拶

多焦点レンズを用いた白内障手術は令和2年4月1日より選定療養となりました

当院は日帰り白内障手術をはじめとした眼内手術、糖尿病網膜症や網膜裂孔のレーザー治療、外眼部の日帰り手術(まぶたのできもの、眼瞼下垂、逆まつげ、まぶたの内反症、翼状片、結膜弛緩、眼窩脂肪ヘルニアなど)を行っております。

眼瞼手術は一般的な挙筋短縮術や上眼瞼形成術、眉毛下皮膚切除に加えて、重度の眼瞼下垂や悪性のできものなど難症例については眼形成外科領域を中心に全国で数多くの手術を執刀されている三戸秀哲先生に来ていただき、人工硬膜を使用した眼瞼の吊り上げ手術や悪性腫瘍切除術および眼瞼再建手術にも対応できるようになっております。(美容外科ではありませんので視覚的に障害のある方のみの治療となります。) もちろん全身検査や入院での手術が必要な方は大阪医科大学をはじめとした近隣の総合病院にご紹介させていただくこともできます。

最近かすんで見にくい、眼が開けにくい、まぶたが落ちてきた、逆まつげや眼瞼のできものが気になるなど何かお困りなことがある方は是非一度当院にお越しください。少しでも地域の皆様のお役に立てるよう日々精進してまいりますので宜しくお願い申し上げます。


令和2年4月1日より術後の眼鏡装用率の軽減を目的とした多焦点眼内レンズを使用する白内障手術は先進医療の対象から除外され、厚生労働省が定める選定療養の対象となりました。選定療養とは患者さんご自身が選択して受ける追加的な医療サービスで、その分の費用は全額自己負担となります。手術や術前後の診察・検査・薬代も通常の白内障手術と同様保険適応となり、多焦点レンズを使用する場合は「多焦点レンズを選択することで発生するレンズの差額及び追加検査料金のみ」を追加料金として実費でお支払いいただきます。先進医療の特約に加入されていない方にとって患者様の経済的負担を軽減することができるようになっております。ただし、今回の変更に伴って先進医療特約は使用できなくなっており、追加料金は皆さまの自己負担となりますのでご注意ください。

澤眼科医院 イメージ待合室

新着情報

2020/9/7
2020年9月23日及び10月16日は職員研修の為休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。
診療所移転のお知らせ:
当院は2020年8月18日より総持寺駅前にあるジャパンの前にある元セブンイレブン跡地に移転いたします。現在それに向けて工事中ですが、移転に先立って8月16日に内覧会を実施いたします。自由に院内をみていただけますので是非足を運んでいただければ幸いです。移転前の診察は8月8日(土)までとなっておりますのでよろしくお願い致します。
2020/3/25
2020年4月1日より休診日が水曜日から木曜日に変更となります。水曜日の診察時間は午前午後共に月火金と同様となります。なお、3月31日までは従来通り水曜日が休診ですのでお間違えの無いようお願い申し上げます。
2019/5/1
令和元年5月1日より先進医療施設に認定されました。2020年4月1日から休診日を水曜から木曜に変更致します。
2018/5/9
オルソケラトロジーの紹介ページを更新しました。
2018/4/1
新しいstaff(視能訓練士)が仲間入りしました。
2018/1/5
Doctors File(ドクターズ・ファイル)に掲載されました。⇒【詳細へ
2018/8
2018/8月から高額療養費制度の変更があります。⇒【詳細へ
2017/7/10
コンタクトレンズの価格表を追加いたしました。⇒【詳細へ
2016/9/1
澤眼科医院のホームページを開設いたしました。
2016/8/13
澤眼科医院は、院外と院内の改装工事が完了し、リニューアル致しました。

以前のお知らせへ


ページの終了