メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

澤眼科医院、医院長の澤雄大が、代表的な目の病気についてご説明させていただきます。

以下に掲載している目の病気以外にも、たくさんの目の病気はあります。気になった症状があった方はお気軽に当医院にご相談ください。



28.斜視

斜視とは両眼の向きに一時的、または恒常的に(常に)ズレがある状態です。両眼視機能(両目で物を立体的にみる力)が育たなかったり、眼の向きがズレるという整容面(見た目)が問題となります。中には弱視を伴う場合や、後天的に起こした場合は複視(両目で2重にみえること)を認める場合があります。

大きく分けて外斜視、内斜視、上下斜視にわかれます。

外斜視の多くは間歇性外斜視で日常では両眼視できますが疲れが出たり無意識の状態で外斜視が顕在化します。幼少時に斜視角が大きかったり、恒常性外斜視であれば手術が必要です。幼少時に手術しなくても成長と共に外斜視がひどくなったり、眼精疲労の原因になる場合には、整容面あるいは眼精疲労の改善を目的として大きくなってから手術することもあります。

内斜視には調節性内斜視、部分調節性内斜視、非調節性内斜視、急性内斜視などがあり、幼少時に両眼視ができないと両眼視機能が獲得できなかったりズレている方の眼の視力が発達しなかったりします(弱視)。調節性内斜視や部分調節性内斜視では遠視が原因となりますので遠視矯正のための眼鏡の装用が必須です。眼鏡で改善しない内斜視には手術やプリズム眼鏡(光の向きを変える眼鏡)による治療があります。

上下斜視は幼少時から出現するもの、加齢で出現するものがあります。治療法は原因によって異なり、手術やプリズム眼鏡などがあります。

そのほかにも様々な原因で眼球運動障害が生じ、その結果斜視や複視となる場合があります。頭蓋内疾患が原因となる場合もあるので心配な方は早めに御相談ください。


ページの終了