メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

澤眼科医院、医院長の澤雄大が、代表的な目の病気についてご説明させていただきます。

以下に掲載している目の病気以外にも、たくさんの目の病気はあります。気になった症状があった方はお気軽に当医院にご相談ください。



27.水疱性角膜症

角膜は透明な組織ですがそれは角膜の一番内側に角膜内皮細胞と呼ばれる細胞が角膜のバリアーを担っていることで透明性を維持しています。角膜内皮細胞は人が生まれてから死ぬまで再生せず、徐々に減少していきますがほとんどの方は一生角膜内皮細胞が元気なまま過ごすことができます。

ただ元々特殊な角膜をしている方や白内障手術などの眼内手術、特殊な緑内障に対するレーザーを受けた後に角膜内皮細胞が急激に減少する方がおられ、限界を超えてしまうとバリアー機能が破綻して角膜を透明に維持できなくなります。治療方法は元気な角膜内皮細胞を他人からもらって移植する角膜内皮移植(DSAEK)です。


ページの終了