メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

澤眼科医院、医院長の澤雄大が、代表的な目の病気についてご説明させていただきます。

以下に掲載している目の病気以外にも、たくさんの目の病気はあります。気になった症状があった方はお気軽に当医院にご相談ください。



15.網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症

以下の2つのタイプに分かれます。

@網膜中心静脈閉塞症・・・眼から出ていく場所が狭くなっておりそこで静脈が閉塞するタイプ
A網膜静脈分枝閉塞症・・・網膜動脈と網膜静脈が交差する部位で動脈の圧力で静脈が閉塞するタイプ

網膜には静脈、動脈という網膜血管があり、そのうちの静脈がつまる疾患です。静脈は心臓に帰る血液を運ぶ血管で、そこが詰まると血液が行き場を失って網膜内に出血したり、網膜に水分がたまったりします。そのため視力が落ちたり、上方、下方など詰まった位置に一致して見えにくい場所ができたりします。

眼内の血流が低下すると新生血管が網膜や虹彩に生じて致命的な状態になる場合があるため、造影検査で眼内の血流の評価をして、広範囲に血流の乏しい領域があればそこにレーザー治療をすることがあります。また、浮腫が黄斑という視力に重要な部分に生じると視力が低下し、ステロイドの注射を射ったり、抗VEGF抗体の薬剤を注射したり硝子体手術を必要とすることがあります。


ページの終了