メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

澤眼科医院、医院長の澤雄大が、代表的な目の病気についてご説明させていただきます。

以下に掲載している目の病気以外にも、たくさんの目の病気はあります。気になった症状があった方はお気軽に当医院にご相談ください。



14.網膜剥離

好発時期は若年、中年以降の二峰性で、若年期は網膜のもともと弱い部分に穴があいて生じたり、アトピーなどの基礎疾患が原因となることがあり、中年以降では主に加齢変化により眼の中のゼリー状の組織(硝子体)が縮むことで網膜に牽引(引っ張る力)がかかり網膜が破れて生じることが多いです。

治療は限局的な網膜剥離であればレーザーで周囲の網膜を凝固することでそれ以上の進行を予防したり、進行すればバックリング手術、硝子体手術が必要となります。放置で失明につながるため、早期の治療が必要です。


ページの終了